令和

「平成」も残すところ30日。先ほど発表された新元号「令和」。普段見返すことがないですが、改めて過去の元号を見返してみると飛鳥時代から紡いできた千年以上の歴史が、とても高貴な出来事なんだと考えるのと同時に今の時代を生きていることが少し新鮮でいて、これから続く未来という感覚を肌に触れるように感じます。平成が戦争のない年であったように、令和も平和な時代であることを思うのでした。 

アウトな日常